【世界一周】ルートの決め方の手順は? 細部決定は後回しでOK。

Sponsored Link

 

 

 

旅に出ようと決心してはみたものの

ルートの決定や、もろもろのプランニングで

嫌になることは多いと思います。

 

あまりいろいろ悩みすぎて

億劫になっては元も子もありません。

 

準備はシンプルに進めていきたいですよね。

 

Sponsored Link

 

 

 

どこへ行くにも飛行機チケットのみで大丈夫。

 

海外の長旅では

そもそも

途中の予定は読めないことがほとんど。

 

なぜなら

思い通りに交通機関が動かないからです。

世界のインフラは流動性に満ちています。

 

だから

ルートを細かく決定することに意味は執着は必要ないです

 

装備以外では

用意するのは飛行機のチケットのみで大丈夫。

 

もし、しっかりしたスケジュールで動きたいなら

現地でツアーに参加するのもいいし

物価の安い国なら

タクシーのドライバーを

1日ガイドとして

チャーターしてしまえばいいのです。

 

僕はカンボジアやネパールで

1日ガイドを

2000円くらいで お願いできました

 

Sponsored Link

 

 

細部を決めないプランのメリット

・現地での予算の調整がしやすい

・準備に時間がかからない

・緊急事態に対処しやすい

・体調の変化に対応しやすい

・ルート変更が容易

・トータルコストが安くなることが多い

・直前に空席があれば、バーゲンプライスで購入できる

・当初の予定よりスムーズにすすむこともある

 

 

細部を決めないプランのデメリット

・要予約のツアーに出遅れる可能性(実際に体験したことはありませんので、ほぼ心配無用)

・なんとなく不安(慣れるまで。慣れたら天国)

 

 

 

既成事実を作って、先に進むしかない状況に飛び込む

まずは

「往復チケットを買った」

「世界一周チケットを買った」

という既成事実を作ること。

 

そうすることで

旅のプランが

どんどん先にすすんでいくと思います。

 

というか

進むしかなくなります。

 

この種の割り切りを、一回体験すると

身軽に旅を進めることができるようになるので

非常に時間の使い方が豊かになります。

 

 

 

どのみちパーフェクトに物事は進まないから

いくら準備していても

いくら危険予測をしていても

必ずイレギュラーなことは起こります

 

ノーリスクというのは存在しません

 

もちろん

できるだけのリスク管理や準備はするべきです

 

しかし

それより大切なことは

トラブルに対する「耐性」や「対応力」をつけること。

 

これさえできれば

旅はあなたにとって良い思い出になり

帰国後の資産になってくれると思います。

 

 

旅の目的はなんなのか?

そもそも

僕らがバックパッカーとして旅する目的はなんなのか?

 

ただのレジャーとしての旅行なら

パックツアーで十分のはず。

 

そこをあえて

ハードな「自己責任」の旅に踏み出すのは

「自己の成長」であったり

「何かを変えたい」という願いがあるから。

 

この旅において

「未来の自分への投資」

という観点がきっとあるはず。

 

適切なリスクを許容し、リターンを得て、対応力を身につけ、

楽しい時間を過ごす。

 

旅の時間を「資産形成」の時間にしたいはず。

 

そこには

日常の環境はない「旅ならではの価値」があるのではないかと思うのです

 

 

投稿を作成しました 105

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る