【お金2.0・書評】己の本質価値をあげていこう。賢いニート、常識のアップデート。お金の為に働く時代はもう終わり。

僕は常日頃から「人生を遊び尽くして終わりたい」と思っています

もちろん、ただただ怠惰に遊ぶのではなく
「価値のある遊び方」を追求したいです

 

よく言えばアグレッシブ、悪く言えば強欲なのかもしれません

 

 

Life_As_A_Backpackerさん(@life_as_a_backpacker)がシェアした投稿

ただやっぱり「遊び」とはいえ
そこにはやはり「お金」の存在を無視することはできなません

 

お金とうまく付き合うことができれば
無用な遠回りを避けることができ、人生のクオリティを上げることができます

 

 

Sponsored Link

 

 

お金の常識をアップデートする名著。『お金2.0』佐藤 航陽

いわゆる「マネースキルの本」だと思っていました
読んだら全く違いました
 
 
 
  • お金のしがらみから逃れ、より自由に人間らしく生きる
  • お金にまつわる既成概念に縛られない
  • 人間としての「自分の価値」を高める重要性
 

「お金についての思考力」を学ぶことができる本です

お金を介した哲学の書。

 
 

 

 

 

 

 

ベーシックインカムの普及

ベーシックインカムという言葉をご存知ですか?

AIのおかげで単純生産労働は人間の手を離れますので
人間は働かずして収入を得ることも可能になります

 

ここで言う「収入」とは単にお金の事だけではないんです

 

例えば、農作物をAIが作ってくれれば
食べ物は理論上「タダ」ということになります

衣食住がAIによってまかなわれれば
人は生活を守るための「労働」から解放されます

 

自分で働かず、AIを管理するだけ
あとは収益なり成果物が発生する

今、ビジネスオーナーでこのような状態の方もいます
管理するのが人間なのかAIなのか、という違いなだけ

もっと言えばAIは不眠不休で稼働できるので
生産性は人間より高いのです

 

そうして生まれる
「働かなくても発生する利益」を「みんなで分け合うこと」
それがベーシックインカム。

 

こんな感じです

 

 

 

生活に必要な、最低限のサービスやお金が支給されれば
「お金を稼ぐ事」の意味合いはずいぶん変わってきますよね

「食ベルための労働」というコンセプトは無意味になり
「稼げる男=モテる」の方程式も微妙な感じになると思います

 

 

それはそれで「新時代きたー!」って感じでいいじゃないですか。

 

 

「お金を稼ぐこと」や「労働生産性」に、今ほどの価値はなくなります

 

 

Sponsored Link

 

 

お金のために労働しなくてよくなったら、何をします?

 

いつも思うのですが
「お金と時間の制約がゼロ」になったときに
たいていの人は「なにしていいかわからない状態」になると思っています

 

お金も時間も、十分にあって余る
要は「やることがない」「ヒマな」状態になってしまいます

 

お金で解決できる表層的な欲求が満たされ
より高次の欲求、「お金で買えない何か」を求める旅になります

 

そのあとに待っているのは「人間としてどう生きるか」「楽しいことを生み出す力」

 

 

 

消費要求を全て満たされるので、生産欲求を満たすフェーズになるのではないうか

 

 

 

 

 

では、次は何が価値を持つ時代になるのでしょう

 

 

 

「人間性のそのもの」に価値がつく時代に。

 

退屈な作業労働は機械がやってくれるありがたい時代なので
そこで機械と差別化できるのは
その人が「惹かれる人間であるかどうか」

 

影響力があれば、様々な活動を換価することが可能です

 

インフルエンサー、Youtuber、インスタグラマー、Twitter
各媒体で影響力を持つ人たちはすでにその段階にいますし

SNS経由でなくても同様のことは可能ですよね
拡散力が低ければ、密度をあげればいいのですから

 

 

「おもしろい人間」であることが彼らの価値であり
機械にはそれができません

 

 

余った時間を、より楽しいことに使う

遊びのスキルが人生の優劣を決める環境になります

 

 

 

 

労働から解放され、自由に人生を選択できる

ニートような生活者が
真に豊かな環境を自己責任でクリエイトしていく

より自由にできるが、自己責任

 

 

自己管理能力

生産を楽しむ力

選択する力

 

 

そういったものが求められる

真剣に遊ぶことが
己の価値向上につながるそんな時代、ワクワクしませんか?

 

 

まとめ

そんなに遠くない将来
僕らは「労働」という概念から解放されて
純粋に楽しいこと、好きなことだけのために生きることができるようになります

 

ツールとしてのお金の使い方を学び
やりたいことにどんどんトライし
どんどん人生の「納得感」「満足感」を上げていってもいいのです
ピュアな自己承認欲求に従って生きていってもいいんです

 

そこに本当の「幸福」があるのではないか

 

どんどん遊んで、どんどん学び、「賢いニート」になっていきたいと思います

 

 

 

 

 
 
 
 
 

Sponsored Link

 

投稿を作成しました 105

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る