【筋トレ節約術】洋服代40%カット!筋トレを始めたら、貯金がたまりやすくなった話。

 

Sponsored Link

 

知的遊びまくる納得感のある人生を送るため
日々の健康に気をつけております

実はトレーニングを続けていて
よかったことの一つに

 

ライフスタイルが
「ローコスト体質になった」
ということがあるんです

体も健康になって、お財布にも優しいんです

 

しかも、ただの節約ではなくて
「生活のクオリティを上げつつの節約術」ができるようになったのです

 

僕は以前と比べて洋服が40%カットできました

 

 

 

 

 

ウェアは普段着に着れるデザイン、速乾性のものを。

 

 

 

【購入のポイント】

  • あらゆるシーンで着れるデザイン(割と私服に近いもの)
  • 速乾性が最優先→洗濯がメチャクチャらくちん
  • 部屋着という概念を生活からなくす→管理コストをロスカット

 

 

 

あらゆるシーンで着る

ウェアはジムだけに使うものではなく
ルームウエア、レジャー、コンビニ、スーパー、ショッピングモールぐらいだと
ラフに着ていけそうなデザインを見つけるのが◎

部屋着、という概念を生活からロスカットでき
服が減るので、管理コストも減りコスパ的にもかなり◎

 

 

 

 

速乾性でいろいろラクチン

オススメはNIKEのdri-fit(ドライフィット)という速乾素材のもの
冬は暖かいtherma-fit(サーマフィット)です

着心地もいいのですが、洗濯がめちゃくちゃ楽で、シワにもならないので
洗濯にかかる管理コストを減らせます

ハイスペックでおしゃれなウエアでおなじみの
Hurleyというサーフブランドは
実はナイキの子会社みたいな感じっぽくて
同じdri-fit(ドライフィット)のウエアをリリースしています

デザイン的には絶対こっちがおしゃれです
おしゃれすぎて逆に部屋着はもったいないくらい

 

 

他のブランドも類似品が出ていますのでぜひ

 

 

Sponsored Link

 

 

 

プロテイン節約法。プロテインはお財布にもやさしい。

 

【プロテインの活用ポイント】

  • おやつ・間食として使う
  • もちろんトレーニング後も食べる
  • 小さな手間ヒマを一括統合できる

 

 

おやつとしてのプロテインはいいことしかない。最強説。

  • 1日で44円
  • 体も太らない
  • 間食の罪悪感を持つ必要がない
  • 無駄にコンビニに立ち寄らなくなる。時間的コストカット
  • お菓子を食べないのでゴミが減る
  • 太った身体をリカバリするためのコストカット
  • 健康を害しるリスク回避
  • 将来的な医療コストカット

 

じつは筋量を増やすことよりも
この部分ですごくメリットが大きいのが
プロテインをお勧めする理由です

 

 

 

僕はあんまりお菓子は食べないほうですが
それでも間食で食べていたおやつが1日200円ぐらいだとしたら
すると1日で44円の計算になります

4000円・50食分のプロテインが大体3ヶ月ぐらい持ちます

 

個人的にはザバスのココア味が美味しくて
おやつ代わりにはもっともいいです

味は本物のココアと全く変わりません

 

 

 

ちょこちょこコンビニ寄ってお菓子を買い
またゴミを捨てるために立ち寄って

なんて不毛なことをやっていた小さなロス
この時間が余ってくることで1日の時間を有効に使えるようになります。

 

 

まとめ

 

こんな感じで
「筋トレ節約法」が自然発生的に完成されていったのですが

トレーニング業界はアップデートが意外と早い業界で
新素材がどんどん開発されています

より効率の良い運用方法をこれからも模索して
記事にしていきますね

 

 

参考までになんですが、僕の測定値がこちら。

 

【参考記事】

【筋トレ】筋トレが続かない?トレーニング歴15年の僕が考えた『飽きずに続けることができた理由』

 

Sponsored Link

投稿を作成しました 105

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る