【最高の睡眠】快活に人生を遊ぶためには良い睡眠!「黄金の90分」を手に入れよう!

 

こんにちは。

最近、僕は「質の良い睡眠」を研究しています。

スタンフォード大学医学部教授の西野精治さんの

「スタンフォード式 最高の睡眠」を読んでみました

 

   

Sponsored Link
   

 

スタンフォード式 最高の睡眠/西野精治

 

 

ぼくは楽しい時間を増やしたいので、
アスリートのように睡眠にこだわりたいな、と思っています。

 

 

黄金の90分というのがあるらしい。

 

眠り始めてから最初の90分が大事。

本書では、眠りはじめの90分を「黄金の90分」と呼んでいます。
最初の90分は「眠りの質」という部分において一番良い状態とのこと。

 

何時間寝ても最初の90分の質が悪いと、残りの時間の質も上がらない。

全体として良い睡眠を確保するには
最初の90分で深い睡眠(ノンレム睡眠)に到達することが大事。

最初の90分で睡眠の80%のメリットを享受できます。

 

では、そのメリットとは?

 

 

 

最初の「黄金の90分」のメリット 

自律神経が整う

自律神経が整うと、頭痛、いらいら、肩凝りなどの「なんとなく調子悪い」が解消される

 

ホルモンの分泌

最初の90分で睡眠時の80%のホルモンが分泌される。
そのためには入眠時刻を一定にすることが大事。

たとえ5時間しか寝れなくても、
最初の90分をしっかり寝ればホルモンの80%はゲットできるそうです。

 

それを考えると、最低限、良い90分を確保しておけば
睡眠時間が短くてもなんとかなっちゃう、ということで
具体的な90分の運用方法は、、、こんな感じです。

 

   

Sponsored Link
   

 

「黄金の90分の使い方」実生活での応用スキル。

 

睡眠の絶対量が確保できない状況でどうするか?

「最小努力で最大効果」
僕が常日頃から心がけているテーマです。

 

この考え方を睡眠にトレースしてみると
「最小睡眠時間で最大効果」
という感じでしょうか。

 

【良い例】

徹夜で勉強しなければならない
→眠いならまず寝る
→90分寝る(最初のレム睡眠を確保する)
→起きる
→質の良い状態で
勉強開始

となるわけです。

90分を効果的に使い「最低条件での最大効果」を得られる方法です。

 

(補足)

効果は人によってタイミングがちがうので
90、100、110分のいずれかで試すと良い。

 

 

【悪い例】

徹夜
→明け方に寝始める
→外が明るくなるので睡眠の質は悪い
→テスト本番の脳の状態は悪い

このパターンは最悪。
人間も動物なので、地球のリズムに反することは基本的に非効率。

 

   

Sponsored Link
   

 

【関連記事】

【スキル】時間を切って精力的に遊びたおしたいんです

 

睡眠の管理は「人生の1/3のマネージメント」

 

人生の1/3は寝ています。
80年生きれたとしたら、24年。

人生の24年間が質の悪い不毛なものになると考えたらゾッとします。

 

とはいえ
睡眠は必要なわけですから

僕らにできることは
「起きている時間をいかにも快活に過ごすか」

「そのための投資としての睡眠」である。
ということ。

 

この感覚を洗練させていって
人生を遊び狂ってやろうと思います。

 

 

【関連記事】

【遊びの知恵】レバレッジを効かせて、「ひとに力を貸す、借りる」という遊び方。

 

【遊び】人生に飽きたら「できっこない」と思っていることを、可能にするしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿を作成しました 105

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る