【アメリカ】ラスベガス。安モーテルがめちゃめちゃ居心地が良かった話。

Sponsored Link

 

 

 

 
 
 
View this post on Instagram

Life_As_A_Backpackerさん(@life_as_a_backpacker)がシェアした投稿

 

都会の観光地にあまり興味のない僕が
グランドサークルに行くためのゲートシティとして訪れたのはラスベガス。
目的はその先の街なので、格安の深夜便で到着しました。

 

 

いわずと知れた世界一のカジノタウン。ラスベガス。

 

商業主義のど真ん中。

ラスベガスで僕が一番思い出に残ったのは、
初日に泊まったモーテル(一泊60ドル)でした。

 

もちろん、カジノも行ったし、復路便の前日には高級ホテルにも泊まってみた。
けど、どことなくハリボテ感の否めない街、ラスベガス。

そんなラスベガスの安モーテルはとっても居心地が良かったのです。

 

 

今回は「ラスベガスの隠れた魅力」について。

 

 

 

 

知ってますか?ベガスの高級ホテルの常識。

 

・客室にミニバーやコーヒーメーカーを置かない

・ルームサービスは高額

 

宿泊客の客室滞在時間を減らす工夫をしているようです。
全ては「カジノでお金を使わせるため」

 

 

カジノに繰り出してもらってなんぼ、の世界観。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

そんなラスベガスに馴染まない、家庭的なモーテル

 

 

そんなホテルたちとは対象的に
僕がステイしたモーテルは部屋には
キッチンスペースもありましたし、中庭にプールとあって、居心地抜群でした。

 

一階にあるバーカウンターは、’ちょっと古い感じもあって、そこが逆に味になっていました。

 

’’超’’家庭的で、ラスベガスらしさはなかったですが
外に出れば、メインストリートも近いので
しっかりラスベガスのムードは満喫できます。

 

なにかと商業主義的なカジノタウンで
バックパッカー的な価値観にマッチした「良い選択」だったと思います。

 

 

ラスベガスのモーテルの良いところ

・安い

・そこそこ広い部屋

・他のホテルと違い滞在型のデザイン(キッチン等)

・割と街の中心部に近い

・ネオンの灯りが届かないので静かで落ち着いて滞在できる

 

 

 

 

後日、泊まった高級ホテルでは、、、

 

高級ホテルのデメリット

・ホテル内が広すぎて、フロントから客室までの移動が大変でした。

・チェックイン時に「とあるトラブル」を抱えてしまったため、部屋とフロントを往復するのに一苦労。

 

 

 

いろんなトラブルがあったのですが、それを差し引いても

 

やっぱり小さなプチホテルみたいなのが好きだなって再認識しました。

 

いつか豪華なホテルに慣れる日は来るのだろうか、、、

 

 

グランドサークルの旅はなにかと出費が多いので
ラズベガスをゲートシティとして、短期滞在する際の参考になればいいなと思います。

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

投稿を作成しました 105

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る