【世界一周】「とりあえず」でいいから。我が人生に悔いなし、といえる状態。

 
 
 
 いきなりで申し訳ないのですが
Amazon.comでは新サービスをリリースする時
シンプルなバージョンをまずリリースしてから
改良を重ねていく方法がとられていくらしい
 
 
 
 
おおくのスマホアプリが
高頻度でアップデートしていることを考えても
この戦略はトレンドになっている
 
 
 
 
スピード感。
 
 
 
 
 まずは、世に出すことを重視。
パーフェクトなものである必要はない。
 
 
 
僕の場合は
「世界旅行をすること」が目標だったし
それなりに完遂できた感覚はありますが
 
 
 
欲をいえば
「あと三年は早めに出発できたんじゃね?」
という「?」が頭をかすめることはあります
 
 
 
完璧にこなすことにこだわりすぎたあまり
準備に時間がかかりすぎたな、と思うことがあります。
 
 
 
 もうすこし早くカタチにすべきでした。
 
 
 
 
 
Sponsored Link
 
 
 
 
 
 
 

そもそもたいしたことではないのですよ

 
 
 
旅を終えてみて思うのですが
世界旅行は、やってみれば
たいしたことではない
 
なので
早めに終わらすに越したことはないです
 
 
 
興味はあるのに、グズグズしていて
結局、行かずに死んでしまうのは
さすがにもったいないですが
 
興味がなければべつに行かなくてもいいし
帰ってきてからのライフプランのほうが
大事っちゃ大事。 
 
 
 
 
サクッと終えて
「我が人生に悔いなし」といえる
ひとまずその状態まで来れることが大事かな
と実感しています
 
 
 
 少なくとも終わった瞬間は
そういう誇らしさは持てますし
その感情は副次的な資産になります
 
 
 
 
 
 
Sponsored Link
 
 
 
 
 

一番良かったことは終わったあとに。

 

 
 
とりあえずの大目標が終わったので 
心が軽くなりますし
新しい目標を見定めやすくもなりました
 
 
 人間の欲は尽きないもので
旅の終盤には、次のライフプランやインスピレーションも湧いてきました。
 
 
 
 
ゴールが見えることによる恩恵は沢山ありました。
 
 
 
 
 
だからこそ
サクっと終わらせること
それが、すべての突破口になります。
 
 
 
 
「世界をまわったから」
ではなくて
「信じることをやったから」
 
 
 
 
 
突破口はそこにあります。
 
 
 
 
大丈夫。
 
 
 
 
やってみせれば意外と誰も文句は言わないのです
 
 
 
 
とにかく
一度、カタチにしてみましょう。
細部の微調整はあとからでいいのです。
 
 
 
 
 
 
 
Sponsored Link
 
 
 
 
 
投稿を作成しました 105

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る