【世界一周】「世界一周航空券」のメリット・デメリット

バックパッカーの中ではおなじみの世界一周航空券。
憧れの世界一周を実現させるための「夢のチケット」なのですが
購入前に知っておきたいメリット・デメリットがあります。

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

世界一周航空券のメリット

 

 

①全行程分を、一括購入なので全行程の飛行機代がプランニングしやすい

②新たな飛行機の予約が必要ない。

③次の街までの移動手段が確保されているので、安心感がある。

④便の変更も可能。

⑤同じルートのチケットを、バラ売りで買うより安くなる可能性が高い。

 

 

世界一周航空券のデメリット

 

①一括購入なので、決済に多くのお金が必要(クレジット分割などで対応可能)

②便の変更も可能だが、現地オフィスに向かわなければならない。

③ルート作成にルールがあるため、自由度が低い。

④ルート変更や途中帰国しづらい。(できなくはないけど、手間もかかる)

 

 

「世界一周航空券」を買うか?買わないか?

「一周券」を買うか、買わないかは、結局のところ

 

「安心」を優先するか
「自由度」を優先するか

 

という選択になります。

 

 

 

①【一周チケットを購入】= ルート・費用の確定による「安心感」
②【バラ売りで購入】= 自由な旅ができる

 

という感じで大まかに捉えてもらえば大丈夫です

 

Sponsored Link

 

 

「世界一周航空券」がなくても、世界一周はできます

 

「一周券」にこだわらなくても、片道チケットのバラ売りを買い足すことで、自由に世界中を飛び回ることは可能。

 

むしろその方が「自由度」は圧倒的に高いです。

 

旅を続けるうちに、マネースキルもついてきますので「一周券」を買った場合と、かわらない金額に調整することも可能です。

 

ルートや旅行期間の自由度も高いので十分なメリットがあると思います。

ぼくも、次は一周券を買わずに世界一周をしていくつもりです。

 

 

Sponsored Link

 

 

投稿を作成しました 105

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る