【世界一周】「減らす旅」がもたらす帰国後の変化。ライフスタイルのスリム化 

Sponsored Link

 

 

 

 

「かるい荷物で旅をすること」

つねづねこだわる僕ですが

世界一周の旅を終えてから、旅中のこだわりが

その後の日常に

思わぬ良い影響を与えてくれています

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

日常に活かせる旅のスキル

旅中、ずっと感じていた。

 

バックパッカーなら、みんな一度は思う

「自分は、たったこれだけの物資で生きていけるんだ」

という皮膚感覚。

 

たった15kgのバックパック。

これだけで人は幸せに生きていける。

 

この感覚を養えたことは、とても幸運だと思う。

 

 

日本で過ごしていた日常で

どれだけの「ほんとはいらないもの」を所有していたか。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

ほんとうに必要なものはなんなのか、という気づき。

バックパック一つで

世界中を歩いてきて

いらないものにあふれていた

日本での生活を振り返る。

 

必要な機能がカブるものもありそう。

まずはそれらを一つずつ外していくことで

帰国後の生活は始まった。

 

生活が身軽になり、心もどんどん軽くなっていく。

 

 

 

いらないものでも、他人の手に渡ると価値が増える

自分の生活の中では価値を発揮しないものが

それを必要とする人の手に渡る。

 

そうすると

世の中における

そのものの価値が増すことになるから

なんだか嬉しくなった。

 

「いらないものを手放す」という行為は

「世界の幸せの総量を増やす」という、知的で社会奉仕的側面もある、ということ。

 

※いらなくなったガイドブックは他の旅人にゆずる。

自分の手元にある限り、もう活躍のチャンスはないけれど

「必要とする誰か」の手元に渡ることで、また価値を持つことが嬉しくもある。

物資も同様に、みんなでリユースしたり、シェアし合えば、友達も作りやすい。

 

 

 

関連記事

【世界一周】費用の節約術。装備の初期投資は「ほぼ」回収可能。

 

 

 

決別することで見えてくる、新たな価値の可能性

今、所有しているものの「お気に入り指数」を、100点満点で試算してみたとき

僕は、75点以下のものは「手放すリスト」に入れてしまいます。

 

そのくらいのものだと

次に使ってくれる人に、価値を残した状態で渡せるし

売る場合は、売却益もそれなり確保でき

お互いのメリットが最大化できるのではないか、と思います。

 

その売却益で「新たな価値創造」ができれば

自分に対しても、周囲に対しても

良い循環が生み出せるのではないかと思う。

 

 

 

さらに、最大のメリット。

 

何かを手放したことによる「心の隙間」や「喪失感」こそが

「次の何か」を手に入れるための

アイデアやモチベーションの源泉になること。

 

これこそが

自分のライフスタイルを、前に前に進めてくれるのです。

 

 

 

持ち物だけではない、心のスリム化

 

「やらないことを決める。」

 

色々なタスクにまみれた日常に

「あえて、やらないこと」のリストを作る。

 

これも

旅の中で養った大事な感覚かな、と思います

 

旅という

不自由な環境の中

全てのタスクをパーフェクトにこなすことはできない

必然的に「何が必要なのか」という選択を繰り返す日々

 

そんな旅の日常の中で

「やらないことの価値」

「やらないと決めることの価値」

を考えるようになりました。

 

 

※全てが整わない旅の環境の中で、

最良の選択をするために「何をしないか」を決めること。

優先させるべきものを

自然と取捨選択できるようになっていました。

 

 

 

これらの「減らすスキル」は

僕の場合、明らかに旅の生活の中で培ったと思う。

 

本当に大事なものは何か、ということを

考えるチャンスや環境を得られたことは

その後の生活において、大きな価値があったと思う。

 

それができたのは

バックパック一つで旅に出る、

そんなチャレンジに踏み出したからだと思う。

 

それができた自分の勇気に感謝している。

 

 

 

関連記事

【世界一周】バックパックの重量は15キロ以下に減らそう!!

 

投稿を作成しました 105

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る